友禅で春夏秋冬

syunkarogo.jpg

2007年08月30日

草刈

昨日、今年3回目の田畦の草刈をした。
エンジン付きの草刈り機での作業だから
昔に比べたら楽なのだろうが、それでも辛い作業。

kusakariki1.jpg

この先端部分が高速回転し、3枚の刃で草を刈る。
約4時間かけて草刈は終了した。

aze1.jpg

綺麗に刈られた畦が顔を出し、心なしか稲穂も気持ち良さそう。
そう言えば、田を吹き渡る風も涼しく感じるようになった。
実りの秋もあと僅か、季節は確実に進んでいるんだな。
posted by ノレン at 13:58| 新潟 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

夕焼け

昨日の夕焼け。

yuuyake1.jpg

「綺麗だな・・・。」
何となく、ただ何となく、カメラを向けた。

posted by ノレン at 10:47| 新潟 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

残暑御見舞い申し上げます。

猛暑?酷暑?とにかく暑い。
隣町の魚沼市では、昨日37℃を超えた。

sagisou2.jpg

今日は一月遅れのお盆。
○○さん家のお兄ちゃんや、姉ちゃんも帰ってくる。
普段静かな田舎町が一番賑やかになる時期だ。

今晩はお墓参り、懐かしい顔に会えるかな?
posted by ノレン at 09:51| 新潟 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

出た〜!

と言っても、お化けが出たわけではありませんよ。
田んぼの稲に、穂が顔を出したのです。

inaho1.jpg

顔を出したばかりの稲穂は、空に向かって真直ぐ伸びます。
そして結実し、やがて実りの秋を迎えます。

そう言えば、この時期には雷が多く発生し、
昔の人は雷が稲を育てると信じていたそうである。

そんな事から雷の放電現象を「稲妻(いなずま)」と呼び
その光を「稲光(いなびかり)」と呼ぶのだそうな。

今日も夕方から「ゴロゴロ〜!」
一向に結実しない私、稲と一緒に成長させてくれ〜!
posted by ノレン at 17:41| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

夕立

昨日の夕方、それまでピーカンのお天気だったのに。
雲がモクモク湧き出て、部屋が急に暗くなる。

yuudati1.jpg

暫くすると「ゴロゴロ〜!」雷の音。
その後、激しい雷雨になった。
仕事の手を止め、窓際に行く。

激しく道路を叩く雨粒。
それまで乾いて無機質だった空気が、むせ返る匂いを放つ。
一日中シトシト降る雨は嫌いだけど。
何故か?夕立は好き!

全ての世間の汚れを、洗い流してくれるように見えるからかな?
それと同時に、私の心の汚れもね・・・。
posted by ノレン at 21:41| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

干物の気持。

台風5号の影響か?
朝から茹だる様な暑さ。

fe-mmgemsyou.jpg

午後からは、熱風も吹き出した。
こんな日に表に出ようものなら、たちまち体中の水分を奪われ
数分で干物になるだろう。

大袈裟だが、そんな気分になる天候。
そして、こんな日に限って外に出る用事がやけに多い。
家に帰ると、速攻で台所へ直行。

コップの水を、いっきに水を飲み干す。
「ゴクッ、ゴクッ、ゴクッ。」
それまで、ウルトラマンの胸で赤く光っていたカラータイマーが

水の補給で、ブルーに変る見たいな気分(ホント)
なんと、明日も今日並みに暑くなるそうです。
皆さんも、水分をこまめに取ってくださいね。

posted by ノレン at 17:35| 新潟 ☁| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

やっとあけた。

今日から8月、長い長い梅雨も終り
新潟県が今日、梅雨明けした。
8月に入ってからの梅雨明けは、新潟気象台が観測を始めて、
3番目に遅い記録との事。

tuyukae1.jpg

これから、暑い暑い日々が続く。
どこかの南の島のビーチに行って、椰子の木陰で休もうか?
それとも、マリンスポーツでも楽しむかぁ?

tuyuake2.jpg

な〜んて、夢みたいな事考えても、ちっとも涼しくならない。
タオルを首から下げ、手動扇風機(団扇)をフル回転。
今年の夏も、これで乗り切るかぁ〜!

tuyukae2.jpg

それにしても、暑いです。
posted by ノレン at 16:48| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

昨夜の出来事。

夏になると、聞こえてくるのがセミの声。
今朝も朝から、ジーッジーッうるさい。

そんな蝉の幼虫を、家の近くの神社で見つけ持ち帰った。
明日の朝には成虫になっているかな?
娘達は、早起きして羽化を見たいと言っていた。

「何時に起きようか?」相談していたようだが。
そんな心配は無用だった。
夕食も終り、TVチャンネル争いに娘達が勝利した頃。

隣の部屋では静かに、蝉の羽化が始まっていた。

uka1.jpg

蝉の成虫は短命だが、実は地中で暮らす幼虫時代の方が長い。
短くても3年、長いものになると17年もの間地中で暮らす。

uka3.jpg

蝉にとって、羽化するこの時が一番無防備で危険な時だ。
まるでお酒に酔っている時の私みたい?ありえない。

uka5.jpg

この頃になると、我が家の主役の座は完全にTVから蝉になる。
そして、家族に見守られながらの羽化は終了した。

uka8.jpg

羽化して直ぐに鳴く事が出来ないから、この時点で
オスかメスか判別できないが、勝手に「セミ太郎」と命名。

uka10.jpg

今頃、何処かの木に止まって鳴いているのかな?


posted by ノレン at 10:09| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

ドキッ!

もう直ぐ、梅雨も明けるか?
緑に輝く青田。

tanbo10.jpg

だが、我が家の田んぼに異変を発見。
なんだ、なんだ?葉っぱに変な斑点が出ている。

tanbo13.jpg

見た瞬間「いもち病」という文字が頭に浮かぶ。
怠け者の私は、数年前から殺菌剤などの農薬を
一切使った事が無い。

その付けがとうとうやって来たか!
一度くらい、消毒しとけば良かったのかぁ?
ああ〜なんて事だぁ、後悔が頭をもたげる。

tanbo12.jpg

いもち病は、イネが「いもち病菌」というカビの一種に
感染し発病することで起きる。
特にコシヒカリなどは「いもち」に弱く、広範囲に
発生した田んぼでは十分な登熟が期待出来なくなり、
大幅な減収を招く恐ろしい病気なのだ。

斑点が出ている葉を数本抜き取り、専門家の所に走った。
もちろん専門家とは、地元の農協だ。
恐る恐る、稲を見せる。すると職員の目つきが鋭くなった。

「あのぉ?ヤッパいもち病でしょうか?」私の問いかけに
「ちょっと待っててね。」と言って職員は奥の部屋に消えた。
どの位待ったであろう?

noukyounoojisan.jpg

暫くして奥の部屋から、こりゃまた苦虫を噛み潰したような顔で
年配のオジサンが、稲を片手に出てきた。
そして私に「最近、田んぼの草刈をしたか?」と聞くのだ。

「へっ?」私の頭の中は「???」状態になる。
それでも、気を取り直して
「最近も最近、2日前にしましたよ。」と答えると。

「それだ!」と、オジサンが得意顔で言った。
結論から言うと、エンジン付きの草刈機で草を刈った時
何らかの原因で、エンジンの燃料が漏れ飛び散った。

そして燃料が付着した部分が変色した、との結論。
オジサンが言うには、本当の「いもち病」なら、
こんな丸い形の斑点にならないそうである。

「な〜んだ、病気じゃぁ無いのですかぁ。」と私。
「良かったですねぇ〜♪」とオジサン。
でも、ちょっと「ドキッ」とした出来事でした。
posted by ノレン at 12:04| 新潟 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

嬉しい朝。

pi-kann.jpg

朝日を体いっぱいに浴び、背伸びしたくなるような
清々しい〜!久しぶりに晴れた朝。
ゴミを出し、今日も玄関先の掃除をしていると・・・。

「チュン!チュン!」と、チュン太郎の声。
(すみません、勝手に名前を付けました。)
久しぶりに晴れたから、朝のご挨拶か?それとも餌の催促かな?
見ると、あれぇ?後ろに一回り小さい雀も一緒だぞ。

suzumenooyako2.jpg

一つまみインコの餌を玄関先に置き様子を伺う。
どう見ても、親子にしか見えないぞぉ。
って事は!「チュン太郎」は母親なの???

suzumenooyako.jpg

子供の雀は、まだ動作も鈍く親雀の後をヨチヨチ付いて歩く。
子供を見せに来てくれたのかな?
どちらにしても、ちょっと嬉しい朝でした。
posted by ノレン at 09:53| 新潟 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

あいさつ。

私の日課は、玄関先の掃除。
ほうきで掃くだけだが、それでも毎日続けている。

丁度その頃、家の前を近くの高校へ登校する生徒達が通る。
近くにバス停があるから、そこから歩いてくるのだろう。

今日も、いつものように掃除をしていた。
すると、「おはようございま〜す!」と、元気な声。

aisatu1.jpg

「あれぇ?」顔を上げると、カワイイ女子高生からだ。
初めての、しかも突然の朝の挨拶、心の準備が出来ていなかった。

「お・おふぁよひょ〜?」オォォォ!発音が、発音が・・・。
なんて事だ!と思いながらも、心がとても温かくなった。

今日は、何か良い事が起きそう〜♪
そんな気持ちにさせてくれる、清々しい朝の挨拶でした。
posted by ノレン at 14:25| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

お初。

地震から3日目、私の住んでいる地域は
さほどの被害も無く、皆さん普段の生活に戻っている。

semi2.jpg

震源の近くの人々は、これからが大変だろうと
容易に想像はつくが、一日も早い復旧を祈るばかり。

semi1.jpg

そんな7月18日、昼前から蝉の初鳴きを聞いた。

semi3.jpg

posted by ノレン at 13:36| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

震源地へ

昨日の新潟上中越沖地震で、もっとも震源に近い
新潟県柏崎市へ行ってきた。

義理の弟家族に、水や食料を届けるためである。
幸い、弟家族の家は大した被害もなく皆さんも無事だと言う。

dentyuu.jpg

柏崎市に入り、中心街に近づくにつれて
沢山の倒壊した家を見かける。

でも、カメラに収める気になれなかった。
唯一撮ったのが、折れ曲がった電柱だけ。

普段なら1時間もあれば行けるのだが、倍以上の時間がかかる。
中心街を貫く国道8号線の信号機以外は、全て停電していた。
そして、消防・警察・自衛隊・応援の車・車・車。

空にはヘリがけたたましい音を立てて飛んでいる。
中越大震災の時、我が町で見ていた光景と同じだ。

そして、被害を見物に来た車?
見物に来た車は直ぐ分かる。

倒壊した家の前や、壊れた塀の前に来ると必ずスピードダウン。
さぞかし家に帰ってから、御自慢するのだろう。

やっとのことで、弟の家に到着。
家には、中学生のT君が1人で留守番をしていた。
posted by ノレン at 16:25| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

また!

昨日の雨も上がり。
いつものように、のんびりした休日の朝。
知人のY氏と立ち話をして、家に帰ろうとした時。

突然ガタガタ!と、地面が音を立て始めた。
「地震だ!」その場に立ち止まり、電線を見上げる。

sinndo5kyou.jpg

小刻みな揺れの後、誰かに後から突き飛ばされるような
感覚でその場に立つのがやっと。
地面が波打つ、「大きい!」電線が左右に大きく揺れた。

各家の玄関から、人々が飛び出してくる。
心配になった私は、揺れる道を走って家に帰った。
我が家に着くと玄関先で、娘と母が小さく固まっていた。

午前10時13分、新潟県上中越沖を震源に発生した地震は
最大震度6強(柏崎など)私の住む十日町は震度5強でした。

沢山のメールやお電話、ありがとうございました。
また、今回の地震で亡くなられた方も居る模様です。
心からご冥福をお祈りいたします。
posted by ノレン at 15:23| 新潟 ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

雨の日曜日。

強く降る訳ではないけれど、止まずに降る雨。
こんな日は、子供達も家の中かな?とても静かな日曜日。

suimon.jpg

鳥や虫たちも、何処かで雨宿りをしてるのかな?
屋根や道路を叩く雨音だけが、私の耳に聞こえてくる。

少し薄暗い部屋の中、1人PCの前でキーボード。
時間だけがゆっくり流れてゆく。
posted by ノレン at 14:01| 新潟 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

お誘い?

今日、ヤ○ーショップから電話があった。
「手づくり友禅」をヤフーショップに出店しませんか?と言う内容。

先日は、楽○市場からも出店のお誘いを受けた。
ネット素人の私が、市販のソフトで

それこそ手づくりした、お粗末なサイト。
未だに、マックの方のPCには表示されない、幻のサイトなのに。

電話の向こうから、若々しい青年の声で話しかけてくる。
「手づくり友禅の、オーナー様ですか?」

osasoi.jpg

ちょっと、恥ずかしかった。
posted by ノレン at 18:40| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

死ぬ〜!

今日は田んぼの溝切りをやった。
「溝切り」とは、文字通り田んぼに溝を掘る作業。

これは、田んぼの水の排水と、入水する時に
満遍なく水田に水を回すために必要な作業。

数年前までは、溝切り機を人力で押していた。
文字通り死の作業だった。(もう、やりたくない。)

今はエンジン付きの溝切り機で溝を切る。
それでも、大変な作業。

mizokiri1.jpg

普段から、つらい事が嫌いな私にはこたえる。
昼過ぎから作業を始め、午後3時過ぎに終了。

暫く畦道で、息も絶え絶えに休息する。
吹き出る汗を拭きながら、ふと思った。

「着物作りと同じだぁ!」
そう、友禅も同じなんだ。
友禅には色々な工程が沢山ある。

最近では便利な材料がいっぱい出た、だけど私は使わない。
無駄な作業のようだけど、どんな作業にも意味がある。

その積み重ねが、特別なものになると信じている。
そんな事を考えた時、不思議と田んぼが素敵に見えた。
posted by ノレン at 22:15| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

赤ちゃん

母は小さな畑をやっている。
親戚から1年契約で借りている小さな土地。

kyuuri.jpg

↑キュウリの赤ちゃん。

そこには色々な野菜が育つ。
でも、そこに行くとお店で売られている野菜の
赤ちゃん達が大勢見られる。

tomato.jpg

↑トマトの赤ちゃん。

nasu.jpg

↑ナスの赤ちゃん

動物のように動くわけでは無いのだが
何となく可愛いと感じる。

kaeru.jpg

ついでに、NUSHIさんの好きなカエルも〜♪

edamame.jpg

↑枝豆の赤ちゃん。

こんなのを載せるなんて、遂にブログネタも尽きたか・・・。
そう思いながらも、せっせとブログを書いる。
posted by ノレン at 21:24| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

デカッ

今日、ブログネタに撮影に行った赤谷十二社の大ケヤキ。
高さ47メートルにもなるこのケヤキ、
なんと樹齢1200年以上なのだそうである。

ookeyaki.jpg

でか過ぎて、どうやってもカメラに収め切れなかった。
ブログを始めなければ、見に来ることも無かっただろう。
あと1年ブログを続けたら、我が町の観光案内人になっちゃうかも?

keyaki2.jpg

そう、そう、今年の夏に「大地の祭り」というイベントが
計画されているようだ。

■「大地の祭り」http://www.echigo-tsumari.jp/

キャッチコピーが、「豊かな自然と、先人たちがつくりあげてきた生活文化が色濃く残る里山に、アート作品が点在する越後妻有地域。
足に伝わる土の弾力、草いきれ、風のやわらかな匂い。
身体、感性、五感の全てを使って、アートをみちしるべに里山をめぐる旅にでかけませんか。」

keyaki3.jpg

興味のあるお方は、越後の山奥に足を運んでみてはいかがかな?
田舎の空気は美味しいよ〜♪
posted by ノレン at 17:45| 新潟 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

犯人は誰?

我が家の隣が更地になってから2年が経とうとしている。
家の主だったおばぁちゃんは震災後、老人施設へ入居した。

そんな更地に、今年は異変が起きている。
色々な植物に混ざって、赤いらせん状の花が愛くるしい、
ネジ花が無数に顔を出したのだ。

nejibana2.jpg

別名「モジズリ」と呼ばれる蘭科の花で、
去年までは見かけなかった。
いったい誰が持ち込んだのだ?

梅雨も一休みの、晴れた午後の昼下がり。
犯人を推理している私を横目に、母はせっせとネジ花を
我が家のプランターに移植していた。
posted by ノレン at 13:57| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。