友禅で春夏秋冬

syunkarogo.jpg

2008年09月24日

名水の沼

あちこちの田んぼで、稲刈りが真盛り。
稲藁の匂いが、否が応でも秋を感じさせるそんな水曜日。

ryuu9.jpg

以前から訪れてみたいと思っていた「竜ヶ窪」に行って来た。
「竜伝説」があるこの沼は、日本の名水百選に選ばれている。

ryuu6.jpg

駐車場に車を止め、うっそうとした林の中に入る。
駐車場には私の車1台だけだったから、当然林の中も私一人。

ryuu11.jpg

しばらく歩くと、かすかな水音が聞こえてくる。

ryuu3.jpg

さすが「竜ヶ窪」、水汲み場所の水も竜から出ていた。
そこからさらに数分歩くと、目的の沼があった。

ryuu5.jpg

この沼、全て湧き水で出来ているんだって。
毎分30トン、日糧43.000トンもの水量が湧き出ていて、
なんと、一日で沼の水が入れ替わるんだそうである。

ryuu7.jpg

沼のほとりに竜を祀った神社があり、その近くにも水汲み場があった。
しかし、こうゆう場所は一人で来るものじゃぁ無い。(ホント)
写真を撮り終わると、足早にその場を去った。

■話のついでに、「竜ヶ窪」の竜伝説も載せときます。

昔、越後の国の南のはずれの妻有の里に、芦ケ崎という村がありました。
ある年、長い日照りが続き村人はヒエやアワどころか水一滴もない苦しい生活になりました。

そんなある日一人の青年が、天上山へ何か食べるものはないか捜しに出かけ
山の中で、昼寝をしている龍を見つけました。

ryuu14.jpg

龍のそばに大きな卵があったので、龍が眠っているすきに卵を盗みました。
そして、卵を村に持ち帰り村人と相談しました。

ryuu13.jpg

相談の結果、せめて年寄りと子供にだけでも食べさせることにしました。
卵を割り始めると、卵の中の龍の子が母親龍に助けを求めました。
そこへ怒り狂った母龍が現れ、村人を食い殺そうとしました。

ryuu15.jpg

庄屋をはじめ村人は「せめて子供だけは助けてほしい」と頼みました。龍は必死の村人に心を打たれ、
村人のために三日三晩雨を降らせ池を造ってやりました。

村人たちは喜んで龍に御礼を言うと、龍は「この池は、お前たちの美しい心の象徴だ。しかし、人の心の曇る時、この池は涸れてしまうであろう。」と言い残して消えました。

村人は、この池を「龍ケ窪」と名づけ大切にし、神社を建てて龍神様をお祀りしたということです。
posted by ノレン at 17:16| 新潟 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗な沼ですね〜!
昼寝している龍に出逢えたらお写真撮って来て下さいね〜♪
できればnorenさんとのツーショットで〜!!(^ー^)
Posted by yumi at 2008年09月25日 05:54
yumiさん

竜とツーショットで?
間違いなく食べられます〜(笑)
Posted by noren at 2008年09月25日 18:05
綺麗な水が出てきそうな林ですね。

ノレンさんの所は本当に美しい場所が多いですね。
それとも写真の腕が良い?
Posted by はらり at 2008年09月27日 09:52
はらりさん

そうですよ〜♪ノレンの腕が良いのです!
なぁ〜んて、嘘です。

実際、綺麗です。
綺麗な景色だから、綺麗な水が湧き出ているのでしょうね。

はらりさんがこちらに来たら、
一度は連れて行きたい場所になりました。
Posted by noren at 2008年09月27日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。