友禅で春夏秋冬

syunkarogo.jpg

2008年06月22日

異常な光景

母が耕作している畑の隣に水田がある。
しかし、数年前から耕作放棄地となった。
人の手が入らなくなった農地は、あっという間に荒地に変る。

nyomogihamusi3.jpg

種々雑多の植物が顔を出し、そこを住みかにする者も現れる。
しかし、今年は様相が違う。
気温が高く、降雨量が少ないためか

黒く光沢のある虫が大量に発生したのだ。
一匹や二匹なら驚きもしないのだが
何千、いや何万匹単位で発生しているのではないだろうか。

yomogihamusi2.jpg

特に「ヨモギ」が好きらしく、荒地のヨモギが壊滅状態。
遂には母が育てている「菊」にまで手を出し始めた。
あまりにも母が気味悪がるので、ネットで検索。

yomogihamusi1.jpg

すると「ヨモギハムシ」と判明する。
その名の通り、主にヨモギの葉を食べるハムシの一種。
ヨモギはキク科の植物だから、畑の菊に群がるのもうなづける。

天候のせいばかりだとは思わないけど、やっぱり異常に感じてしまう。
これも天変地異の一つなのだろうか?

posted by ノレン at 12:07| 新潟 🌁| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

畑にて

昨日の夕方、母を迎えに畑に行った。
先月植えたジャガイモが、西日を浴びながら咲いていた。

jyagaimonohana2.jpg

誰に見られる訳でもないのに、やけに堂々と咲いている。
近づいてジッと観察してみる。
「何だよ〜、そんなに俺が珍しいのか?」と言いたげだ。

jyagaimonohana.jpg

普段、人目を気にしている私には、どこか眩しく見えるジャガイモの花。
俺も君みたいに咲きたいな。
posted by ノレン at 10:13| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

気疲れ。

染帯のご注文を頂きました。
一言で染帯と言っても、多種雑多あります。
とりあえず柄は決まっているので、生地の選定から。

依頼先の方は「塩瀬で」との事。
塩瀬と言えば「五泉」が有名。

以前私も、塩瀬帯のご注文は「五泉」製を使用していました。
でも最近は、丹後製の塩瀬帯生地を使う事が多いのです。

tangosioze.jpg

理由は簡単、折れ・擦れに強い優れものだから。
だから当然今回も、丹後製をチョイスしました。
それでも塩瀬は塩瀬、取り扱いには大変神経を使います。

まるで赤ちゃんを抱っこするように、優しく・優しく。
本当に我が侭な生地なんです。
posted by ノレン at 17:15| 新潟 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 友禅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。